心理学やビジネスの話、役立つかもしれない豆知識・情報、管理人の体験談などを発信する雑多なサイト

パソコンモニターの接続端子に注意!ケーブル選びは慎重に。DVI-DとDVI-I等、意外とややこしい!

BTOパソコンを購入した際に、モニターと接続するケーブルを購入し忘れていたと話しましたね。

それに関連して、ケーブルや接続端子について今回は紹介しようと思います。

 

ノートパソコンやスマートフォンの普及でデスクトップの需要も減り、

今はケーブルを購入する人も少なくなったかもしれませんが、知っておいても損はないと思われます。

 

パソコン本体とモニターの接続端子、それらを繋ぐケーブルに関するトラブルは意外と少なくないそうです。

購入の際には、この記事だけでなく検索したりしてよく調べておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

接続端子の種類

現在使われている接続端子は、主に以下の5つです。

VGA(D-sub15ピン)、DVI、HDMI、DisplayPort、USB Type-C

 

端子の大きさなど、違いは色々ありますが、

一番注目すべき点は、アナログとデジタルのどちらの信号を送るものかでしょう。

 

アナログはデジタルと比較して、画質の劣化があったり安定性で劣ります。

その為、現在はデジタルが主流となっています。

テレビも映像の綺麗なデジタルに変わりましたよね。

 

それでは、それぞれの端子について説明しましょう。

 

VGA(D-sub15ピン)

かつての主流だった接続端子が、VGA(D-sub15ピン)です。

“かつての”という点から想像できると思いますが、こちらはアナログ信号です。

そして、このVGAは映像のみ伝送可能です。

2015年くらいまでの安価なディスプレイの場合、端子がVGAだけということがあります。

新製品には使われてないでしょうから、量販店などでモニターを買うなら気にしなくてOK。

ただ、昔の製品も扱っている通販やお店を利用、あるいは中古を購入予定であれば注意が必要です。

安く済ませたいならおすすめですが、画質などに拘りたい方は注意しておくと良いでしょう。

 

ちなみに、私はデュアルモニターにしているのですが、片方はこれです。

現状、なんら不満は感じません。一点を除いて…

それについては、後述にて説明します。

 

【難解?】DVI

私が一番ややこしいと思っているのがDVI(Digital Visual Interface)。

DVIにはいくつか種類があるのですが、それらの形が似ているのです。

 

細かい仕様の違いを入れると、DVIは5種類あります。

  • DVI-I シングルリンク(アナログ・デジタル兼用)
  • DVI-I デュアルリンク(アナログ・デジタル兼用)
  • DVI-D シングルリンク(デジタル)
  • DVI-D デュアルリンク(デジタル) ※別名:DVI-DL
  • DVI-A(アナログ)

DVIはVGAと同様、映像のみ伝送できます。

それぞれのコネクタ形状は次のようになっています。

 

並べると違いがよく分かると思います。

 

大きく分けると3種類

5種類もあるDVIですが、まずは分かりやすいよう大きな区分から説明します。

基本はDVI-I、DVI-D、DVI-Aの3種類。

 

DVI-Iは、アナログとデジタルの両方に対応していて、VGA(アナログ)と互換性があります。

そのため、安定性の高い変換ケーブルが作りやすく重宝されているイメージがあります。

 

私もDVI-I⇔VGA変換ケーブルを購入して、便利に使っています。↓

BUFFALO DVI-Iアナログ変換ディスプレイケーブル フェライトコア付き 同軸タイプ BSDCDA15

新品価格
¥696から
(2019/5/8 04:28時点)

パソコン本体にDVIやHDMIの端子しかないのに、間違えてVGAモニターを購入してしまっただけですが…

このようなケーブルがあって、非常に助かりました。

 

話を戻します。

DVI-Dはデジタル専用です。

HDMIが主流になった今、使う人は少ないでしょう。

ただ、マルチモニターにする際には使うかもしれませんので一応覚えておきましょう。

 

DVI-Aはアナログ専用ですが、こちらもVGAの方がメジャーなのであまり使わないでしょう。

というよりも見た記憶がないくらいです。

他のDVIと間違えないようにだけ注意しましょう。

 

勘のいい人は気付いたと思いますが、それぞれIntegrated(統合された)、Digital(デジタル)、Analog(アナログ)の頭文字が末尾についています。

これは覚えておくと良いかも?

 

DVI-IとDVI-Dには、シングルリンクとデュアルリンクの2タイプがある。

基本3種類だけなら良かったのですが、DVIがややこしいのはDVI-IとDVI-Dにはそれぞれ2タイプあるということ。

対応できる解像度の違いなのですが、これが間違う要因の1つになっています。

 

シングルリンク(Single Link):解像度1920×1200まで対応

デュアルリンク(Dual Link):解像度2560×1600まで対応

 

詳しく言うと「ピクセルクロック周波数が165MHz未満か以上か」なのですが、解像度の方が分かりやすいはず?

デュアルリンクはシングルリンクを兼ねており、より多くの情報の伝送が可能です。

解像度1920×1200まではどちらを使っても問題ないのですが、高解像度のモニターを購入予定ならデュアルリンクの必要があるので注意しましょう。

 

さらに、上にも書いてありますが、「DVI-D デュアルリンク」は別名「DVI-DL」と表記されていることも…

DVI-D Dual Linkを省略しているのは分かるのですが、止めてほしいですね。

 

互換性について

プラグの画像を見ても分かりますが、DVI-I端子にDVI-Dケーブルを繋げられます。

逆に、DVI-D端子にDVI-Iケーブルは繋げられません。

そう、いくつかは互換性があるんです。

ある意味救いですが、混乱する要因とも言えます…

 

IとDの端子(メス、凹)側はデュアルリンクでも入るようになっています。

では、どの接続先に対してどのケーブルが使えるのか。

表にまとめると次のようになります。

 

接続先の端子 接続できるケーブル
DVI-I DVI-I(シングルリンク)
DVI-I(デュアルリンク)
DVI-D(シングルリンク)
DVI-D(デュアルリンク)
DVI-A
DVI-D DVI-D(シングルリンク)
DVI-D(デュアルリンク)
DVI-A DVI-A

 

表を見ると、とりあえずDVI-Dのケーブルを買っておけば良い感じがしますね。

実際、今はDVIの中で一番使われるのはDVI-Dなので間違いとは言えないです。

ただ、私のようにVGAを使いたい場合もあると思うので、パソコンとモニターの仕様をよく確認しましょう。

 

購入の際は商品説明をよく読むこと

一番用心しておくべきことは、DVI-IとDVI-Dを間違えないようにすることです。

“DVI-Dのケーブルが欲しかったのにDVI-Iだった”ということが、結構多いようです。

 

実際、私が今回購入したケーブルのレビューでもそのような報告が沢山ありました。

(私はモニターのVGAに接続する為に、VGAとDVI-Iを接続できるBUFFALOの「DVIアナログ変換ディスプレイケーブル」という商品を購入しました。)

 

低評価の中には、↓のようなコメントもありました。

「DVIの形状に種類があるとは知らなかった。使い物にならず、無駄なお金を使ってしまった。
商品説明にきちんと、DVIの形状にも種類があると書いて欲しかった。」

こんなことにならないよう、購入の前には必ず確認をしましょう。

商品説明には

「DVI-I(29ピン)対応の液晶ディスプレイとD-sub15ピンのパソコン、またはD-sub15ピン仕様の液晶ディスプレイとDVI-I(29ピン)対応のパソコンを接続するケーブル」

という記述がありましたけどね。

 

先に調べておけば、この説明文で気付けたかもしれません。

 

【主流】HDMI

現在の主流がHDMI(High-Definition Multimedia Interface)です。

映像だけでなく音声や制御信号もまとめてデジタル伝送できる通信規格です。

パソコンだけでなく、テレビやレコーダーなどの家電でも見かける端子です。

とりあえず困ったら、これを選択しておけば良いのではないでしょうか。

HDMI Connector

このHDMIにもタイプがあるのですが、大きさが異なるためDVIより分かりやすいです。

名前もAタイプといったようにややこしくないのもポイント高いですね。

 

Aタイプが一般的なHDMIになります。パソコンモニターは基本これです。

Bタイプは、Aタイプよりも幅広で高解像度対応(DVIでいうデュアルリンク)のために開発されたのですが、通常のAタイプで事足りてしまい使われていません。

CタイプやDタイプは小型のHDMIで、スマホやデジカメなどで使われています。

Eタイプはカーナビなど車で使われる規格です。

 

HDMIは、ノートパソコンのディスプレイが異常をきたした時に大変お世話になりましたね。

テレビとレコーダーを繋いでいたHDMIケーブルを使って、パソコンの画面をテレビに出力して作業していました。

 

DisplayPort

名前にあるように、DisplayPortはディスプレイ向けに開発された規格です。

HDMIがパソコンを含めた家電向けとするなら、DisplayPortはパソコン特化という感じでしょうか。

HDMIと同様に映像・音声・制御信号をまとめてデジタル伝送できます。

DisplayPort Connector

数珠つなぎにすることでマルチディスプレイにできたり、HDMIよりも高性能と結構便利です。

しかし、HDMIに覇権を取られて陰に隠れてしまい、いまいちパッとしない印象。

同じような機能を持つUSB Type-Cの登場により、さらに存在感が…

恐らく新たな規格がさらに出てきて、残りはするものの大きく普及せず終わりそうな気がします。

 

USB Type-C

最後に紹介するのは、スマートフォンなどでお馴染のUSB Type-Cです。

USB Type-C icon

USB Type-Cも映像・音声・制御信号をデジタル伝送できる規格です。

充電の機能もあるので、ケーブルを減らすことができます。

 

今はまだこれに対応したモニターは高めですが、いずれ安くなってスマホだけでなくモニターでも主流となるでしょう。

DisplayPortも似たような感じですが、こちらの方に分がありそうです。

 

非常に有用性のある規格ですが、個人的には他に比べ破損しやすい気がします。

修理屋に勤めていた時も、USB Type-Cの修理件数はそこそこありました。

雑に扱うのは控えた方が良いでしょう。

 

Blu-ray Discを再生するなら、デジタル伝送のものを使いましょう!

ドラマ等のBlu-ray Disc(ブルーレイ)をパソコンで見ようと思っている方は、HDMI等のデジタル伝送対応のモニターを購入しましょう。

何故かと言うと、デジタルでないと再生できないから。

2011年頃からだったと思いますが、デジタル出力でないと再生できないようソフトウェア側の仕様が変わっていきました。

昔はアナログでも再生できていたのですが、今は恐らく無理です。

 

VGAの項で一点不満があると言っていたのがこれ。

VGAへの不満というより、ただの失敗談ですが…

このことは知っていたのですが、すっかり忘れていて、

いざ再生しようとした時にエラーが出て「あっ、しまった!」と思い出す失態ぶり。

 

 

調べてみると、ケーブル選びでの失敗談は結構多いようです。

私のようにならないよう、皆さんもよく確認しましょう。

 

スポンサーリンク

 

投稿日:2015年1月20日 更新日:

執筆者:


名前:フミヤ
職業:売れないマジシャン、他複数兼業

就活に失敗し、一念発起して夢だったマジシャンになったもののその後も色々あって売れていません(笑)

現在もマジシャンは続けながら、仕事の幅を広げようと色々やっています。

そういった経験談も踏まえた記事も書いていこうと思います!

詳細プロフィールはこちら

スポンサーリンク
pagetop